お酒のおともにクルクミンサプリメント!!肝臓に良いと言われるクルクミンですが、色々試した結果効果のあったものをランキングにしてみました。クルクミンサプリを飲むようになってから、次の日がかなり楽になりました。
MENU
クルクミン,サプリ,サプリメント,ランキングクルクミン,サプリ,サプリメント,ランキング

クルクミンサプリ人気ランキング、飲むならコレ!

健診で肝臓の数値が悪くて使いはじめた、クルクミンサプリ。
たくさんのクルクミンサプリの中でも、効果があった、飲みやすかった商品を、ランキングにしてお教えします。

 

 



初回1000円で試せる、クルクミンのサプリメント。
商品名に入っている琉球とは沖縄のことです。沖縄といえば健康長寿で知られていますが、生のウコンを料理やお茶にして使っているそうですから、そのおかげもあるのでしょう。

 

やわたの「琉球ウコン」は、無農薬の原料を使っているうえ、従来品の3倍のクルクミンを含んでいます。
他社さんの粒より、小さめの粒だったのも、飲みやすくて良かったです。

 

毎日飲むものだから、飲みやすいのはかなり大事。
推奨量の3粒で摂れるクルクミンの量は60mgです。

 

1日3粒推奨
約15日分 45粒入り
通常価格2袋で3240円が初回は1000円

 

 

 

 



1回分ずつ個包装されているゲンキウコンも、初回購入は980円と手の出しやすいサプリです。
1回の推奨量5粒で、クルクミンが70mgとれるそう。

 

ウコンの種類はたくさんあるそうですが、その中でもクルクミンの豊富なクスリウコンを使用していますから、他社製品と比べてみると色の濃さが一目瞭然。
飲む前から効きそうな予感がします^^

 

ここは注目ポイントですよ。
効きそう〜と思って飲むのと、効かなさそう〜と思って飲むの、どちらがいいと思います?

 

個包装5粒入り
30包入り約1か月分
通常価格3780円、初回980円(自動お届けコース/解約はいつでもOK)

 

 

 

 

 

【健康家族】素敵ウコン

【提携申請中 少々お待ちください】

 

インド産のミネラルたっぷりな、秋ウコンを使ったサプリです。
1粒にクルクミンを35mg、含有しています。

 

サプリといえばラムネのように顆粒を固めたような粒タイプが一般的ですが、素敵ウコンはソフトカプセルタイプ。
飲み込むときにつるんと入っていくのと、粉っぽくなくて効きが良さそうなところがお気に入りでした。

 

1日1粒飲めばいいのも気持ち的に楽。
私、薬などを一度に飲み込めないので、数を飲むには1粒ごとにお水が必要で、食後にサプリを飲むときは正直辛かったんです。
でも素敵ウコンなら1粒でOK
含有量を考えると2粒、と行きたいところですが、お値段を考えるとちょっと辛かったです。

 

31粒約1か月分
初回980円1632円(定期コース)

 

 

 

 

健康を保つのに選んだサプリ

 

私がクルクミンサプリを使おうと思ったのは、会社の健康診断で、肝機能の数値がイマイチだったから。
身体を壊すことなんてなかったから、けっこうショックでした。

 

健康診断の前には飲み会が続いていて…。
夫からもさんざん注意されていたのにこの結果だったので、夫もショックだったみたいです。
その夫も数年前に肝臓に指摘を受けて気をつけているところだったので、余計に心配だったんだと思います。

 

夫にはずっとウコンドリンクを飲ませていたのですが、自分も飲むならとさらにいろいろ調べて行きついたのが、クルクミンを使ったサプリメントだったんです。
クルクミンサプリって、けっこうな種類があるうえ、使われているクルクミンも種類が違うので、効く人・効かない人がいるというから、けっこうな種類を試しました。

 

その中で良かったのが先にご紹介した3つのサプリ。

 

最終的には、やわたの「琉球ウコン」にしぼって約1年間飲み続けてみると…
その後の健康診断では、異常なしの通知が届きました!
一緒に飲んでいた夫も数値が少し下がっていたんです。クルクミンってすごい効果があるんだなーと思った瞬間でした。

 

クルクミンとウコンってなにが違うの?

お酒にはウコンというほど、知らない方はいない成分ですよね。
ウコンというのは植物の一種で、ショウガの仲間なのだそう。

 

そう聞くと勘のいいかたはお分かりだと思いますが、ウコンはカレーに入れるスパイスの一種、ターメリックのことです。そういえば風味が似てるかもしれませんね!

 

今回の主役、クルクミンですが、こちらはウコンに含まれる成分のことで、ポリフェノールの一種です。
ポリフェノールはアンチエイジングや美肌にもいいですから、女性はどんどん摂るべきだと思います。

 

副作用の心配の少ないクルクミン

数年前に、ウコンの危険性がニュースになったのをおぼえている方もいるかもしれません。
鉄分を豊富に含んでいるので、鉄分に反応する薬を常用している方が飲むと、体に良くない反応が起きてしまうんだそうです。

 

この弊害を弱めるために、ウコンの中に含まれている成分、クルクミンを摂るのがいいんだそう。

 

なので副作用が全くないとは言い切れませんが、ウコンよりは安心できると言えます。
クルクミンを大量に摂る方はいないとは思いますが、摂取量を守れば、心配する必要はありません。

 

念のためこれ以上飲まないで、という量は、大人の方で150mgと決められています。
ご紹介したサプリで摂れるクルクミンの量は、

 

・やわたの「琉球ウコン」 60 mg、
・ゲンキウコン 70 mg
・【健康家族】素敵ウコン 35 mg

 

ですので、倍の量摂ったとしても問題はありません。

 

ウコンが問題になった裏側には、体に良いものを摂っているから大丈夫、といった思い込み(?)もあったとも言われています。
たしかに体にいいことをしていると考えて、不摂生してしまいがちですよね…。

 

でも、サプリは薬ではないのですから、すぐに効果が出るわけではありません。
コンスタントに飲み続けて、じわじわと効果を表すもの。

 

なのに身体によくない生活を続けていたのでは、治す力よりも悪くなる力のほうが勝ってしまいますね。
サプリだけに頼らず、生活全体を見直すことが大切なんです。

 

ちなみに、サプリによって原料に使っているウコンが違うのは、ウコンの種類によって含まれている成分に違いがあるからです。
たとえば、ウコンにはガジュツと言われる紫ウコンがあるのですが、これにはクルクミンは含まれていないんです。
オレンジに近い濃い黄色の正体が、クルクミンなんですね。

 

肝臓だけじゃない!クルクミンの効果とは?

健康診断で少しでも悪いところが見つかると、体を大事にしなきゃと、つくづく思います。
クルクミンにはさまざまに健康効果がありますので、どんな恩恵を受けられるのかも知っておきましょう。

 

二日酔いが防げる

ウコンといえば、飲む前に飲む!
これは、ウコンの成分がお酒を分解するときに発生してしまう毒素、アセトアルデヒドを解毒してくれるから。

 

その成分というのがクルクミン。
クルクミンが胆汁をどんどん出してくれるので、肝機能のサポートには、ウコンよりクルクミンのほうが効果的と言われているんです。

 

飲む前だけでなく普段からクルクミンを摂っていれば、きれいな肝臓にするのも早めてくれる効果も期待できますよ。
肝臓がきれいになると美白につながるんだそう。

 

実は私、これを知って、飲む前だけでなく毎日飲もうと決心したんです!

 

 

癌やアルツハイマーも?抗酸化作用が不調に効く

抗酸化作用についての研究が進んできて、健康への良い効果が話題になっています。
最近では、癌や脳機能の改善にも良いことが分かっているんだとか。

 

最近は、昔はなかった脳の病気が問題になっていますから、私たちも他人ごとではありませんし、
癌は治せない病気と言われていますが、研究が進んで、治せる病気になる日も近いかもしれませんね。

 

最近ちょっと物忘れが…なんてときにサプリを飲むと、効果がはっきり分かるかもしれませんよ。

 

そういえば一時、ちょっとしたことをよく忘れることがありました。
通勤に使っている自転車を、最寄り駅に置いたのをすっかり忘れたまま歩いて帰ってきてみたり…。
その後同じ失敗がないところを見ると、クルクミンを飲んでいるおかげかもしれません。

 

クルクミンで、全身の健康も美も保ちたいものですね。

 

コレステロールも下げてくれる

 

クルクミンの意外な効果に、コレステロールを下げるというのもあります。

 

数年前にコレステロールは制限しなくてもいいという話題がありましたが、これは健康な人や高齢者に限ったこと。
悪玉コレステロールが高いことでの弊害は起こりうるんですから、気をつけたほうがいいんです。

 

とはいえ美味しいものにはコレステロールがたっぷりですから、少しでもコレステロール値を下げるために、クルクミンにサポートしてもらったほうがいいでしょう。
美味しい食べ物は日々の活力源ですから、我慢しないで食べたいですよね。

 

食品からとる方法って、カレー以外にある?

カレーにウコンが使われていることは先にご紹介しましたが、入っているクルクミンの量となるとほんのわずかなんです。

 

作り方にもよりますが、4人分のカレーに使うターメリックは小さじ1/4程度。
ということは、この中に入っているクルクミンの量となると、耳かき1杯にもならないでしょう…。

 

だったらたくさん入れたら?とも思いますが、少々土くさいような味になってしまい、料理が台無しだと思います。

 

クルクミンは色付け程度に使うものなので、どんな料理でも大量に使っているものはありません。
パエリアやピラフ、たくあんなどの色付けに使われますが、とても少量。

 

たっぷり摂るなら、やはりサプリメントが良さそうですね!

 

 

効果的に摂って健康を保つ!

せっかくクルクミンをサプリメントで摂るのですから、最大限に効果を感じられないともったいない!はじめて飲むときに、そう思いました。
いくら体のためとはいえ、お金を払って買うんですから効率よく使いましょう。

 

相乗効果のある食べ物は?

クルクミンはただ飲むだけでは身体に吸収されにくいそうなので、どうにかして効果アップできないかと色々と調べてみました。

 

カレーに使うときのターメリックは、油を入れたあとに具材と一緒によく炒めるのですが、これがヒントになりました。
クルクミンは、水に溶けにくくて油に溶けやすいという性質があるんだそうです。
なので、油と一緒に摂るのが効果的ということになります。

 

また、身体の中の細胞膜に含まれているレシチンという成分があるのですが、これがクルクミンとの相性が良いそう。
レシチンは卵や大豆、ごま油などに多く含まれているので、食品から補給できるんです。
食事にたっぷり取り入れて、クルクミンサプリを飲むと良いでしょう。小腸からしっかり体内に吸収されますよ。

 

クルクミンサプリは飲む時間を選ばないので、夕食前とか後とか、毎日同じ時間に飲むことに決めると食品との相乗効果も、飲み忘れを防ぐことにもなります。
食事の前後だと、食品との相乗効果も飲み忘れも防げて、一石二鳥だと思います。

 

 

まとめ

クルクミンサプリを摂るときに、ご紹介したような方法を試したせいか否かわかりませんが、
健康診断の結果が良かったのにはほんとにほっとしました。
一緒にサプリに転換した夫も、徐々に数値が下がってきています。

 

最近はお互い、飲み会を2回に1回はお断りするようにして、肝臓にやさしい生活を続けています。
休日には近くの公園でウォーキングもはじめましたから、体の調子がとても良いんです。肝臓を壊す前より元気かも。
これもクルクミンのおかげだと思っています。

 

肝臓を気にしている方、飲み会をどうしても断れない方、手軽に試せるクルクミンサプリ、はじめてみてはいかがでしょうか?

更新履歴
このページの先頭へ